前へ
次へ

不動産投資の初歩について

不動産投資とは、利益を得るために不動産に資金を投資して、定期的に賃貸料などを得る方法のことです。また

more

数種類がある不動産への投資

不動産への投資は、大きく2種類に分けることが出来ます。一つ目が、現物の不動産を購入して賃貸に出し、一

more

不動産投資に関する件

世の中には、とても数多くの投資があります。そして、その中のひとつとして不動産投資というものがあります

more

不動産投資で高利回り収益を得る

不動産投資は主にマンション、アパート経営で家賃収入を得ることを目的としています。超低金利の現在でも高利回りの収益を手に入れられることから人気があります。定年後の生活安定の為に始める人は大勢います。また、サラリーマンが副業として始めるにも適しています。購入した不動産を毎日見て周る必要はないですから本業を持っていても全く支障ありません。また修繕や空室解消、家賃滞納問題について素人では難しいと考えている人も大勢いますが、賃貸管理会社に委託すれば全て解決してもらえます。毎月の収益でローンを返済したあとは、その不動産を担保に借入をして新たな不動産を購入して更なる家賃収入を得ることが出来ることも魅力です。

大分で選ばれる続けるリフォーム会社
確かな実績があるから選ばれる北斗建装です

塗装工事なら大分の北斗建装に決まり
住まいのプロならではの工事をご提供いたします

防水工事で大分の住まいを守る
雨に経年劣化を防ぐお手伝いをさせていただいています

https://toso-kumazawa.com/corporate/suginami/
杉並区全域対応!お家の壁のご相談承り中

不動産の取得による税金

不動産と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、家屋や土地です。これらを手に入れるには多額の資金が必要となりますが、取得した後にもその取得した不動産に対する取得税が発生します。取得税は県の税金になり、取得後6ヶ月から1年くらいの間に納税通知書が送付されますので金融機関などから納める形となります。その額についてはインターネット等は計算ソフトなど出ていますが、やはり納税通知書が来る前に心の準備はしておきたいものです。一般的には購入に関わる相談の際に、購入費用とあわせて、関係する費用(所得税など)を割り出してくれますのでそこで知る事ができます。また、固定資産税というものがありますが、こちらは毎年納める税金となりますが、不動産取得税は取得した時にかかる税金となります。

Page Top